--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comment
  • Trackback
  • Top
 
2010/03/03

復活「はやぶさ」噴射続けば地球帰還可能に

Category : 雑記
 地球帰還へ向けて飛行を続けている小惑星探査機「はやぶさ」が、月よりも内側を通る軌道に入った。

 宇宙航空研究開発機構が26日確認した。エンジン噴射があと数週間、正常に続けば、地球への帰還が可能になる。

 はやぶさは太陽の周りを、地球とは少し違う軌道を描いて回っている。軌道を地球へと近づけるためにエンジンを噴射し続けていた昨年11月、エンジン4台のうち3台目が故障し、帰還が絶望的になった。

 しかし、壊れたエンジン2台を半分ずつ組み合わせるという裏技で奇跡的に復活。さらに噴射を続け、とうとう軌道の差が31万キロ・メートルとなり、地球と月の距離約38万キロ・メートルよりも縮まった。

 このまま順調に進めば、3月下旬には軌道変更のための噴射を終え、6月にオーストラリアへ落下する予定。
(2010年2月27日15時48分 読売新聞)


cbcef085f8d71e3c6624bd990fe58bb9.jpg


なーにぃぃ!
無事帰って来て! はやぶさたんーーー!
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 

No Title

エンジンAの部品をAAとAB、エンジンBの部品をBAとBBって置き換えると、図的にはこうなる。
AA―AB
  ×
BA―BB
んで、この『×』の部分の部品が80円の民生品ダイオードって予算の無さが泣けるぜ orz

ちなみに値段比較するともっと笑えるぜ?
132億円 ボーイング767-300ER
127億円 はやぶさ本体の開発費
101億円 F-15J/DJ
つまり、自衛隊のイーグル戦闘機1機よりはチョット高いけど、JALやANAが使ってる中型旅客機1機よりは安いコスト。
運用費考えたらもっと高いけど、それでも年間1億円らしいから、随分効率的だよなぁ。
サンプルの有無は問わない。無事地球に帰ってきて欲しいよな!?

2010/03/03(Wed) | おさーん | URL | Edit
 

Re: No Title

>おさーん
久しく情報アンテナ貼ってなかったもんで、
すでに月の軌道の内側に入ってた事を知らなかった><
苦肉の策でエンジンをニコイチで繋いでここまで頑張ってきて、
あともうちょっとエンジンが持てば帰ってこれるんだよね?
体ボロボロなのに、よくここまで頑張ったなぁ。

なんとも予算の話が悲しい;
部品の値段80円とかマジでビックリ;
はやぶさたん自身もこれだけの事してるのにリーズナブルなんだ。
日本の宇宙開発費は少ないんだね。これだけの技術と根性見せても上がらないのか。
未来の地球の為でもあるのになぁ。
本当に夢があることなのに。

はやぶさたん自身は帰ってきても大気圏で燃え尽きちゃうんだよね?
どうにか本体の回収もできないものなのかと思うけど・・・。
うん、サンプルがあろうと無かろうと、これまでの功績が全てだと思う!
無事帰ってきて欲しい!!!

2010/03/04(Thu) | 華 | URL | Edit
 

No Title

こう言うと反感買うかも知れんが……。
『独自に宇宙開発に意味があるんですか?共同開発ではダメなんですか?』とか言いかねんのが政府に居ますよって、仕分け対象でっせ orz
なお、「ハヤブサ2」の予算、0.5億円…… orz
まぁ、ハヤブサたんのデータを元に改良したエンジンが、一部の国から注文来てるのがせめてもの救い。
そして、最後の燃え尽きる瞬間まで『隕石落下時の軌道シュミレーション』って世界中の役に立つ使命を帯びているのだよ。
悲しいけど、逆に考えるのだ。
この燃え尽きる瞬間まで全世界の望遠鏡がハヤブサを見ている。すなわち、全世界の宇宙関係者がハヤブサの最後を看取ると!

2010/03/05(Fri) | おさーん | URL | Edit
 

Re: No Title

>おさーん
あー・・・
「2番じゃだめなんですか?」って方ですかね。
事業仕分けで2の予算そんな減ってるんですか・・・。
0.5億でなんとかなるもんなのかな・・・?
宇宙って将来は確実に今よりリアルな現実になっていくだろうし
日本が独自に成果を上げればそれなりの見返りだってあるはずなのにね。
>ハヤブサたんのデータを元に改良したエンジンが、一部の国から注文来てるのがせめてもの救い。
こういう結果が物語ってると思うのに~!

そっか、やっぱり燃え尽きる最期は決まってるんだ・・・。
本当に最期の最期まで頑張るんだね、はやぶさたん。
帰還が待ち遠しいけど、逝ってほしくない、って気持ちが交錯しちゃうね><
うんうん、悲しいけど、本当に皆が最後の瞬間まで皆が存在を見てるんだよね。
功績は未来へ語り継がれていくはずだし!
ありがとうー!って言いたい。

2010/03/09(Tue) |  | URL | Edit
 

No Title

>事業仕分けで2の予算そんな減ってるんですか・・・。
事業仕分けされる前から、この額です orz

>0.5億でなんとかなるもんなのかな・・・?
上にも書いてるけど、ハヤブサたんの運用費が年間1億円ね。
……なると思う? (´;ω;`)
ちなみに、この前打ち上げ成功したの○ごし生HTVを打ち上げる時、NASAとの会話でN「その金額、打ち上げロケットの費用か?」日「いえ、本体含めてコミコミ予算です」N「馬鹿な真似はよせ!」ってのが、嘘か真か有ったらしい(苦笑)
それほど、日本の宇宙開発予算は少ない。
金が無いから工夫してるのですよ、中の人たちは。だからこそ、それが偉いのだよ!

>そっか、やっぱり燃え尽きる最期は決まってるんだ・・・。
本当なら、サンプル採取カプセルを投下後、別の深宇宙探査に行く予定だったんだけどねぇ。
最初の太陽フレアくらったり、イトカワに激突したりで帰還が3年延びたじゃん。
だから、そのミッションは不可能って判断されて、変わって隕石落下シュミレーションミッションになったのさ。

2010/03/09(Tue) | おさーん | URL | Edit
 

Re: No Title

>おさーん
日本の宇宙開発費ってホントに安いんだ;
ホントに誰が聞いても「馬鹿な真似はよせ!」だよね><
でもそんな中でやりくりして、なんとかしちゃって成果あげてるって素晴らしい!
の○ごし生にそんな経緯があったとはww

あー、そっか。
はやぶさたんが既に満身創痍であることもあって、これ以上の選択がなかったわけか。
しかし惜しいなぁ、深宇宙でも活躍してくれただろうに。
最期の最期までドラマチックすぎるね><

2010/03/09(Tue) |  | URL | Edit
 
 
  • « new
  • Home
  • old »
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。