--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comment
  • Trackback
  • Top
 
2009/11/10

第一種普通運転免許復活への道①

Category : 雑記
大好きな旅行、特に「車旅行」。

私は、ちょっとしたドライブも、本格的な車での旅も大好きである。
近所のコンビニに行くだけでも車に乗っていた、地元での日々が懐かしい。

現在、東京で生活する中で車の必要性が無いために
特別なことがない限り「車を運転する」ということがない。

近頃では、「運転免許証」=「写真付きの身分証明書」となっているわけですが
ふと普段のカバンから中身を移していた時に、久しぶりに見た我が免許証。
「来年更新だったっけ」とか思いながら有効期限見たら・・・


免許失効してた!orz



私の場合、更新忘れによる
「うっかり失効」(失効6ヶ月~1年)でした。
き、気づいたら半年過ぎてるとか!

免許の失効(うっかり失効)の申請手続きの違いは
「失効してから申請するまでの期間(と理由)」の違いであり

■有効期限を過ぎてから6ヶ月以内の場合
■「やむを得ない事情」のため免許を失効させた場合
■やむを得ない事情もなく免許を失効させ、6ヵ月を過ぎた場合

この3つの場合が挙げられます。

やむを得ない場合がなくとも、6ヶ月以内の失効申請であれば
適正試験さえクリアすれば、元の免許証が戻ってきます。
この時点で気づけばゴールド免許を失わずに済んだのにっ!
というのも後の祭り。

「やむを得ない場合」も考えましたが・・・
■やむを得ない事情とはどういうものか?
① 海外旅行
② 災害
③ 病気にかかり、又は負傷していること。
④ 法令の規定により身体の自由を拘束されていたこと。
⑤ 社会の慣習上又は業務の遂行上やむを得ない用務が生じたこと。


・・・まあ、今更海外旅行に行った事実なんて作れないし。
やむを得ない事情もなく1年以上経ってしまうと「免許取り直し」。
昔は救済措置無かったんだもんね・・・
グダグダ言っても仕方ないから試験場に電話した。

とりあえずは特失仮(失効6ヶ月~1年)の状態なので「仮免許」は交付され
本免に向けて、適正試験、学科試験、技能試験を受けなくてはならない。
6ヶ月以内なら学科や技能は免除だったのに><


次回へつづく。
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
  • « new
  • Home
  • old »
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。